すこやか住宅改造(介護対策型リフォーム)

すこやか住宅改造助成事業(介護対策型リフォーム)とは

介護を必要とする高齢者や障がい者が居住している住宅を床段差の解消や手すり等を設置し、その方の日常生活で困難な動作を改善することを目的として行う住宅改造です。

このような改造を行う場合、北九州市では介護保険による住宅改修制度と北九州市独自のすこやか住宅改造助成事業があります。

すこやか住宅改造助成事業においては、高齢者等にとって望ましい住宅改造とするために、(住宅)相談員(建築士)の助言や指導をもとに、すこやか住宅*の正しい知識や技術を持ち、高齢者の身体特性に配慮した施工が必要ですので、施工業者は、当協議会の登録施工業者に限定しています。

すこやか住宅改造助成事業の(住宅)相談員・施工業者になるためには、当協議会の会員となり、年に1度、北九州市が開催する研修会を受講し登録することとなっています。

*すこやか住宅とは、高齢者の方に限らずすべての人にとって安全で快適に生活できる仕様を持つ住宅のことです。